世界で二番目のお金持ちは誰だか知っていますか?

ウォーレン・バフェットです。【投資】で世界二位のお金持ちになれるとは!!




最強の投資家バフェット |牧野 洋

最強の投資家バフェット最強の投資家バフェット
牧野 洋
日本経済新聞社 刊
発売日 2005-04-29
価格:¥780(税込)




バフェットとその周辺の人々 2005-09-23
新聞記者が書いているということもあるのか、ドキュメンタリー
と物語のような独特の感じのする本です。
ひとつのテーマは、時間の経過に沿ってなされ、バフェットの
関わる前の状況から書かれ全体像はわかりやすので、流れるよう
に読めます。臨場感があります。
 コカ・コーラにしても、常によかっただけではなかったとか。 この本の登場人物は大きく3種類に分かれ、バフェット本人、
他の経営者や株主、そして著者です。
著者はひとつのテーマなり出来事の解説者であり、観測者として
出来事の時間経過の途中で、用語の説明や状況の整理をしつつ、
自分の意見や日本との比較を行ってます。 これらのことで、バフェット本人の考えのみを考察するという
より、バフェットの周辺の経営者が何をしたか思ったかがよく
分かる。その中でバフェットをどう思っているか、またバフェット
は何をして何を言ったかが分かる。 自分個人は最初読んだときは、ところどころの文に、大いに刺激
されもしました。
例えば、ドラッガー流の従業員主義と矛盾しないだとか……
 ただ、他のバフェット本を読むにつれ、ところどころ微妙に
著者のコメントとバフェットの真意がずれてると感じるところ
出てきました。 あとは、個人的に残念に思うのは、これだけ調べているのに、
 フィッシャーとの関わりが書かれていない点。文中に、グレアムで
はないバフェット独自のという記述が幾つかでてきますが、これは
フィッシャーだなぁとか。
 また、参考文献が載っているのですが、著者は翻訳があるものも
すべて英文の原書を参考にしたという点は、利点でも欠点でもあり
ます。というのも日本語で日本の読者を対象としているのに、
翻訳本の解説や注釈を著者は知らないということです。よい本ではあります。


■続きを読む


この記事は2006/6/3に作成しました。

【ウォーレン・バフェットのプロフィール】
1930年、オマハ生まれ。

ベンジャミン・グレアムとデイビッド・ドッドという有名な証券アナリストが教授をしているということで、コロンビア大学に入学し、大学院卒業。

1956年、株式会社バフェット・アソシエイト社を設立。

コカ・コーラやウェルズ・ファーゴ、アメリカン・エキスプレスなど、次々と成長企業を発掘し、利益を上げる。

世界一の株式投資家。経済誌フォーブス長者番付第2位。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら